herosurf’s diary

サーフィン好きOLが、シンプルライフを極めていきます。

スポンサーリンク
MENU

女目線のドバイ・アブダビ旅④番外編 買って良かった!ネックピロー

こんにちは。

 ドバイ・アブダビ番外編を追加でもう一つ。
旅行で買って良かったモノです。
行きの羽田空港の江戸小路で低反発素材のネックピローを買いました。
カブーのEVOLUTION PILLOWです。
 

感触が素晴らしい

まさか、帰りにビジネスクラスに乗るとは思っていなかったので、長時間のエコノミー対策にです。触っただけで、空気入れてるのとかビーズ素材のネックピローとは全然違って本当に気持ちいいのが分かります。
 
あと、いつも通り首の後ろに装着するだけでなく、首の前にあてがって寄り掛かる事もできるんです。閉店間際だったので、急いでレジに持ってたら「5,000円です」ヒー!と思いましたが、もうこれに触ってしまったら他は無理だと思い、こちらを購入。
 
f:id:herosurf:20170318203307j:image
 

ネックピローなのに畳めます

 
よく空気入りのネックピローは、空気抜いた後に畳めますが、このネックピローはそのまま畳めます。
 
但しコツがいりますね。買ったお店の店員さんは綺麗に畳んでましたが、私は力加減が下手なのかこんな格好に。(本当はもっと小さく綺麗に畳めます。)
だけどコンパクトになるなら嬉しいですよね。
 
f:id:herosurf:20170318203320j:image
 

使用感

感触は本当に気持ちいいです。
ネックピローにスマホ用ポケットがあって、そこにスマホを入れてイヤホンで音楽聴けるのですが、私の首が短いのかネックピローで顔半分ぐらい埋まってイヤホンを耳に入れにくいです。ちょっと残念なところはそこかな。
 
羽田空港の江戸小路の旅行グッズショップで売ってたので、気になる方は一度見てみてくださいね。
 
 
 

有給取ってでも行きたい!平日昼間のミュシャ展鑑賞

こんにちは。

 
3/8から六本木の国立新美術館ミュシャが開催されてます。
前回は行けなかったので、今回こそはと有給を使って今日行ってきました。
 
 

平日昼頃向かいました

六本木駅から歩いて7分ぐらい。国立新美術館に着いたのは13時半頃。
まず、目に着いたのはチケット売り場の行列!
 
ちょうど草間彌生さんの展示も別階でやっているからでしょうか。チケット売り場が混んでいます。並んだら10分はかかるなぁというぐらいの見立てです。
 
私はそのようなタイムロスを防ぐべく、事前にオンラインチケットを購入してました。本当に良かったー。少しでも時間を節約したい方は事前のオンラインチケット購入オススメします。
 
 
草間彌生さんの展示も見たい方にはお得なセット観覧券もあるようですよ^ ^
 

混雑具合はいかに!

さて、新美術館の2階で展示をやってます。エスカレーターで登ると、何やら行列が。。
え〜、入場待ち⁇ と思ってたらミュシャ展の物販レジ待ちの行列でした。
(行列を見たら、物販レジ待ちなのか入場待ちなのか確認してみてくださいね。)
 
で、物販レジ待ちの行列を通過して歩くと入場口があります。一切待たずに入れました。(ここでオンラインチケットを見せます。)
 

鑑賞タイム

入場してみると平日昼間に関わらず、人は多いです。でも会場がそもそも大きいので、自分のペースで見れます。土日だと本当に人が多いんだろうな。
 
今回もオーディオ解説をレンタルしました。これがあると本当に楽チンに絵の内容を理解できるし、音声の演出で心に染み入ってきます。
 
次からは、撮影OKスペースで撮ったものです。
 
f:id:herosurf:20170309184426j:image
 
f:id:herosurf:20170309192226j:image
 
f:id:herosurf:20170309192235j:image
 
f:id:herosurf:20170309192258j:image
 
とにかく絵のスケールが大きい。
普段ネットばかり見てますが、このような絵画を直に鑑賞する事も大事ですね。
 
撮影禁止ゾーンになりますが、《スラヴ叙事詩》や女性が好きそうなアール・ヌーヴォーのポスターが展示されてました。
 
f:id:herosurf:20170309185814j:image
ミュシャ展HPより)
 
ずっと見てるとチェコに行きたくなります。
すっかりミュシャのファンになってしまった〜。
 
そんなこんなで1時間ぐらい鑑賞して終わりました。物販はアール・ヌーヴォーポスターをモチーフにした可愛いグッズが一杯売ってましたが、あまりにレジ待ちの行列が凄すぎて諦めました。。
 
あと会場が最初は物凄く暑い感じがしたのですが、ずっと見てたら最後は冷えてきた感じがしたので、調整できる格好がいいと思います。(結構会場が広くて時間がかかるので、荷物は少なめがいいですね。)  
 

鑑賞後は東京ミッドタウンでブラブラ

結構疲れたので、帰り際に東京ミッドタウンでお茶して帰りました。初めて行ったけど、私六本木ヒルズより好きかも〜^o^ 
 
そんな文化的な1日でした。興味がありましたら、皆さん是非ミュシャ展行ってみてくださいね!
 
 
 


 
 
 
 
 

マイラーオフ会に初めて参加してみた

 

こんにちは。

 
今までミニマリスト系のオフ会に沢山参加してきましたが、今回は毛色が全く違うマイラーオフ会に参加してきました。
 

陸マイラー活動からの興味

 
昨年から陸マイル活動を始めました。(知らない人からしたら、何のこっちゃ⁇な話だと思いますが、興味のある方はネットで見てみて下さいね^ ^)
 
飛行機乗らずにマイルを貯める事に快感を覚えてしまい、順調に貯めていると思います。
 
そんなマイル大好きマイラーさん達が集うオフ会を羽田空港サーバーさんが開いてくれるという事で、完全ボッチ参戦で申し込みました。
 
 
 

オフ会当日

他に参加される方はtwitterでフォローする・されるの関係以外全く絡みなし。しかも、男女比もわからない。緊張するなぁ。
 
そんな不安の中。都内の某会場へ。
店に到着すると既に何名かの方が来てました。皆、男性だ。女性は来ないのかな?と思ってたら本当に来なかったです。あらま〜。
 

精鋭達と語り合う夜

 
f:id:herosurf:20170307202520j:image
美味しいイタリアンで会食スタート。
 
f:id:herosurf:20170307202530j:image
 
f:id:herosurf:20170307202538j:image
 
f:id:herosurf:20170307202546j:image
お店の方もマイラーなのです!
(写真は羽田空港サーバーさんからお借りしました。)
 
 
最初は話聞く側のポジション(もう会話が高度だったので)にいましたが、せっかく経験豊富なマイラー達がいるんだから、色々聞かなきゃもったいないと思って色々聞いたら皆本当によく教えてくれました^o^
 
搭乗記録の手書きノートやマイルのエクセル計算シートを見せてもらいました。
あと皆さん、数字に強い!!
私が持っているマイルを伝えるだけですぐ色々と計算してくれるんですよ。
 

貯めたマイルをそのまま使うか、SFC修行に取り組むか

SFC修行、、わからない方には本当にわからない言葉だと思います。(興味ある方は調べてみて下さいね^o^)
 
オフ会出る前は、陸マイル活動して貯まったマイルは航空券に替えてパーッと使おうと考えました。
 
でもオフ会参加してみて、SFC修行の良さ、そして成し遂げた後のご褒美を聞いたらやっぱり興味が湧きました。
 
思えば私は飛行機乗るの好きだし、空港に行くのも好きなんですよね。なんなら、旅行の予定無いのに羽田空港に遊びに行ったりしてました。
 
じゃあ、私も楽しんで修行できるんじゃないかと。私は、年初に必ず夢や目標をかいてるんですが、その中の一つに 
毎月飛行機に乗る」という項目がありました。(SFC修行とか全く意識していません!)
修行する事でまた夢が叶ってしまいますね。
 
時期的にもう修行開始するのは遅いかと思いましたが、「今からならまだ間に合う!」と助言を頂き、実行する事にしました。
 

会計方法も独特だった

 
事前に「よく使うクレジットカードを持ってきて下さい」と言われてました。
よく意味がわからないまま、とりあえず持って行きましたが、、、
 
なんと会計時に参加者全員のクレジットカードを集め、ババ抜きのように1枚引き、その人のカードでオフ会費を決済するものでした。
 
事前に現金でオフ会費は集めてあって、その集めた現金はババ抜きで当たったカード持ち主さんのモノになります。
こうすると、当たった持ち主さんにはカードのポイント付いて更にはマイルに繋げられるという事ですね。
 
f:id:herosurf:20170307205115j:image
みんなからの会費。
 
色んなオフ会でましたが、こんなやり方初めて見ました!
マイラーならではの会計方法ですね。
思いついた人スゴイ!!
 
そんなこんなで翌日早かった為、一足先にお暇しました。すごく楽しかったですが、あれも聞いとけば良かった〜と帰宅してからの方が質問が湧いてましたね(笑)
 
素敵なオフ会を開いて下さった羽田空港サーバーさんはじめ、色んな話をしてくれたマイラーさん達、時間の都合上話せなかったマイラーさんもおりますが、皆さんどうもありがとうございました。
一緒に頑張ります。
 


 
 
 

番外編:女目線のドバイ・アブダビ旅④ビジネスクラスに初めて乗ってみた

こんにちは。

 
さて、最後は番外編です。
なんと帰りはビジネスクラスに乗って帰る事が出来ました。。
嬉し・恥ずかしデビュー日記です。
 

きっかけはオンライン・チェックイン時の案内

 

本来であれば往路と同様エコノミーで帰国する予定でしたが、帰国二日前の夜にオンラインで航空会社(エミレーツ航空)のチェックインをしようとしたところ、

「+50,000円強でビジネスクラスにアップデートしませんか?

という内容の案内が出ていたのです。

 ビジネスクラス。。。乗りたい!乗りたい!!

 日頃から叶えたい目標の一つに「ビジネスクラスに乗りたい」という目標を掲げてた私。

しかし、通常価格で乗るビジネスクラスより大分安いとは言え、50,000円強だって大金です。しかも私帰るだけなのに。

暫し悩む事3分。⇒「やっぱる乗るわ」に決定。

こんな長時間飛行機に乗る旅(約11時間)なんて、次いつ行けるかわからないし、行けたとしてこの価格でビジネスクラスに乗れるチャンスがあるとは限らない。

チャンスの神様は前髪しかない。前髪を掴むチャンスは今しか無い、という事で決断したのです。

 

帰る日はとにかくワクワク

 

いつも旅が終わる時はもう帰らないといけないのか。。とセンチメンタルになってましたが、今回は帰りがビジネスクラスという事でとにかくワクワク。

 

早朝ホテルチェックアウトもなんのその。

さあ、空港着いたしチェックインもしたし、、ラウンジに行きたい! という野望が芽生えたんですが、アップグレード客はラウンジ使えないんですよ。

別にラウンジなんて行かなくても良くない?と思ってたんですけど、空港の搭乗口まわりは混雑が凄くてゆっくり休めない。

こんな時にラウンジ使えたら。。

何でこれからビジネスクラス使うのにこんなに格差社会感じるんだろ。

私、会社のお金使って乗るんじゃなくて、身銭切って乗るのに~(笑)

 でも、次はラウンジも使ってビジネスクラスに乗ろう、という新たな目標ができたので、良かったという事にしましょう。

 

憧れの空の旅

 

さあ、搭乗の時間になりました。本当にデビューの時間です。

 

f:id:herosurf:20170304141942j:image

私の座席です。窓側にしました。

 

f:id:herosurf:20170304142026j:image

座って撮ってこの距離感。脚伸ばせます。

 

f:id:herosurf:20170304142129j:image

コントローラーで画面操作します。

 

f:id:herosurf:20170304142212j:image

設備も感動したのだけど、このノイズキャンセリングのヘッドホンにも感動。着けてると飛行中のヴォ〜という音も小さくなります。音楽聴く時や映画見る時以外も着けてました。

 

f:id:herosurf:20170304142444j:image

f:id:herosurf:20170304142510j:image

f:id:herosurf:20170304142532j:image

普段は窓側選ばないけど、この時ばかりは窓側を選択。

 

f:id:herosurf:20170304142649j:image

朝出発だから朝食が出ました^ ^写ってないけどバターが美味しかった。あと、カトラリーが冷えていて感触が気持ち良かったです。

 

f:id:herosurf:20170304143133j:image

こちらはディナーの前菜ですね。

 

f:id:herosurf:20170304143206j:image

こちらはデザート。カフェインレスのコーヒーを選べるのが嬉しかったな。

 

f:id:herosurf:20170304143258j:image

機内では「シン・ゴジラ」見ました。

もう最高!行きの飛行機では「君の名は」見て、確かにこれは話題になるなぁと思いましたが、私の中では、

シン・ゴジラ >>>>>君の名は

ぐらいの衝撃でした。この映画はゴジラに関わる人達に焦点を当てて描かれた話だと思うんだけど、上からの承認が無いと下は動けないという描写に会社あるあるだわーと関心しました。(映画では政府の話だけど。)

 

話が脱線しましたね。

 

f:id:herosurf:20170304144121j:image

ウィスキー飲みながら、シン・ゴジラ見てました。ナッツが温められてて美味しい。カトラリーの心地いい冷たさと言い、温度って大切なんだね。

 

f:id:herosurf:20170304144406j:image

f:id:herosurf:20170304144429j:image

f:id:herosurf:20170304144447j:image

お手洗いもエコノミーとは仕様が違います。

 

これで夢のような時間は終わり。座席もフルフラットにできたので、全然疲れなかったです。

ビジネスクラスやファーストクラスは、何故こんなに価格が高いんだろう、と思っていたのですが、「移動もできるホテル」という考え方をすると、これだけの価格になるのわかる気がします。

 

で、私はやっぱり旅が好きだし、飛行機も好き。「飛行機に乗る」自体も旅の大事な工程だと思いました。

 

今、陸マイル活動もやっているし、自分の夢や目標に制限かけたくないから言っちゃうけど、「ファーストクラスに乗って旅したい」という新しい目標ができました。

これからも旅に出ます!

それではチャオ!

 

 


「水森亜土のおもちゃ箱画廊」でノスタルジックな気持ちに浸る


こんにちは。

 

ドバイにも行ってましたが、先週は静岡オフ会にも行ってました~。動いてますね、色々。

 今回は、静岡オフ会の主催者であるミキコさん夫婦(きらきら女子ブロガーと行く伊豆1日旅行記☆彡 - 仲良し夫婦の家計簿)に静岡県川奈にある「水森亜土おもちゃ箱ギャラリー」に連れていって貰いました。

今回は中今りささんとも一緒です。

素敵な偶然が重なる静岡オフ会! - nico

 

水森亜土ちゃん

 昨年の「マツコの知らない世界」で取り上げられるまで、歌を歌いながら絵をかく人、もしくは関根勤が昔いいともでやたらモノマネしていた人、というイメージしかなかったのですが、改めて番組で亜土ちゃんが書く少女の絵を見てノスタルジックな感情がなぜだが湧いてきて、さらに亜土ちゃんが「アラレちゃん」の歌を歌っていた事実に懐かしさマックス!更にノスタルジックな気持ちが高まりました。

 今、アラレちゃんのエンディングとか聞くと涙腺崩壊ですね。(「本当は~♪、これ内緒。ロボットよ~♪」)

 亜土ちゃん画廊は本当におもちゃ箱みたい

多分一人だったら辿り付かなかっただろう郊外に可愛く建っておりました。中に入ったらすごいです。。亜土ちゃんワールドが全開。


f:id:herosurf:20170303224408j:image

(こちらは非売品です。)

f:id:herosurf:20170303224449j:image

f:id:herosurf:20170303224500j:image


f:id:herosurf:20170303205049j:image

f:id:herosurf:20170303205116j:image


もうテンションがあがりまくりです。カルテット風に言うとなんかメゾメゾする!

 2階のショップも可愛い。しかも亜土ちゃんの曲(アラレちゃん)が流れてる。

f:id:herosurf:20170303205218j:image

アドレナリン全開の中でのショッピング。普段、あんまりモノ買う時悩まないんだけど、全てが可愛いくて迷って、私だけやたら時間がかかってしまいました。

 

買ったもの

自分の予算と「実生活で必ず使う」という視点で購入した戦利品です。


f:id:herosurf:20170303205245j:image

上真ん中から時計まわりにランチバッグ、小物ケース、コインケースです。

 ランチバッグは、社内でお昼休みに移動する時に財布やポーチを入れるのに使おうと思います。ピンク色もあったけどちょっと甘めになりそうだったので、ブルーにしてみました。

 小物ケースは少女の絵柄が可愛くて一目ぼれ。バッグの底で迷子になりやすいスマホや定期入れをこのケースに入れて持ち手に引っ掛ける事ができるのです。内ポケットがあまり無いバッグに使えて便利。

 コインケースは、サーフィンに行く時にコインシャワーを使う事が多いから、少し水に濡れても気軽に使えるのが欲しかったので、助かります。

ちょっとした近所のお散歩にも使えますね。

 

番外編・前日は沼津港で観光してました。

 

前日は、リサさんとトミーさん(沼津の思い出 - ヒマワリのスカート)と沼津港で観光してました。二人に会うのは初めてだったんだけど、あっという間に打ち解けてカフェでブログについてペチャクチャお喋りできて楽しかったな~。

 

リサさんは本当に色んな事に気遣いができて、安心して一緒にいられるし、トミーさんは旅先で見知らぬ人にも気軽に声掛けしててコミュニケーション取っててすごいなと思いながら見てました。

2人から学ぶ事が一杯ありましたね。


f:id:herosurf:20170303205315j:image  

3人で人気のお店「にし与」でランチしました。


最後にこのオフ会を計画してくれ、色んな所に連れてってくれたミキコさん、旦那さん本当にありがとうございました。とっても充実した旅でした。

 

 

 

 

 


 

女目線のドバイ・アブダビ旅③英語ガイドツアーでモスクを見てきた

こんにちは。

 
ドバイ滞在中、アブダビにあるシェイク・ザイード・グランド・モスクを見に行きました。世界最大級という事でかなり有名な観光スポットになってます。
 

英語ガイドツアーで行ってみた

 
今回はドバイ・アブダビ間の往復バス/モスク入場/ランチ付きの英語ガイドツアーを申し込みました。スパと同様、verltraで申し込んでます。
 
 
 
日本語ツアーだと(当然)高くなります。英語も得意じゃないですが、勇気を出して1人参加。
 
ホテルからのピックアップでバスに乗ったのですが、乗った瞬間、緊張感マックスに。当たり前だけど色んな国の人がいる〜!ガイドさんが英語で皆にツアーの見所を話してくれるんだけど、やっぱり聞き取れない。。
 
だけど、集合時間と集合場所は聞き逃さないよう注意深く聞いてました。
 

いよいよモスクへ

 
女性は特にですが、ドレスコードがあるので注意が必要です。手首・足首が隠れてピタッとしない服装がマストです。
(モスクに入る際の服装は事前に情報収集しておきましょう。)
 
 
これくらいでOKだろう、と軽い気持ちの服装で行ってモスクに入れて貰えなかったら悲劇です。私は入場前にガイドさんに見てもらってOK貰いました。
 
ちなみに格好はロングスカートにパーカー、サングラス、頭にはストールを巻いて髪を見せないよう気をつけました。
 

モスクは美しい

f:id:herosurf:20170223202619j:image
 
f:id:herosurf:20170223205203j:image
 
 
f:id:herosurf:20170223202655j:image
 
f:id:herosurf:20170223202726j:image
 
f:id:herosurf:20170223202746j:image
 
f:id:herosurf:20170223202752j:image
 
神聖な場所なんだなという事を実感します。中は靴を脱いで入ります。ただね、見るところは結構限られています。
 
 
 

ランチが幸せ

f:id:herosurf:20170223204307j:image
 
ランチはシェラトンホテルのバイキングでした。高級感もあってとっても美味しかったです。(その時々のツアーによってレストランは変わる可能性があります。)
 
正直モスクの次に楽しみにしてました。
ローストビーフもあったし、デザートも芸術品のように美しかったです。
 
日本語ツアーだと、価格は倍なのにランチは付いてこなかったんですよ。勇気を出して英語ツアーにしてよかったです。
 
 
モスクとランチが終わったら、大体想像つくかと思いますが、お土産店を何箇所か回ります。これが無かったら、もっと早く帰れるのに〜!
まぁ仕方ないですよね。
これでドバイに戻りました。
 
本当に時間を自分の好きなように使いたい人は、ガイドツアーではなくて、自分でドバイ⇄アブダビ間のバスを買って移動するのもいいかもしれませんね。
 
それでは、チャオ!
 


女目線のドバイ・アブダビ旅②ドバイでスパ体験

こんにちは。

今回からドバイ・アブダビ旅の思い出を語ります。今日はドバイでのスパ体験です。
 
 

街スパで飛行機疲れを取り除こう

 
今回は、羽田空港を深夜に出発し、早朝にドバイに到着するツアーを利用してます。
 
早朝に着くなら、その後ガンガン遊べるという目論見になりますが、窮屈なエコノミー席に長時間座り続けた後に時差ボケの中動き回るのは意外とキツイ時がありますよね。
 
私も過去の旅で、着いた途端にすぐに
観光ツアーに参加した事がありますが、眠気と疲れで説明が頭に入ってこず、「早くホテルに連れてってくれ」と思ってしまった事あります。
 
今回、そんな早朝到着後に体験したアクティビティがスパなのです。
 

クレオパトラ・スパ

 
f:id:herosurf:20170219162632j:image
 
私が訪れたのは、ホテルに併設されたスパではなく、街中のモール内にある「クレオパトラ・スパ」です。
(ガイドブックに街スパとして紹介されてます。)
 
オーソドックスな2時間コースを今回選びました。施設内は流石に写真は撮れないので、HPからお借りした写真と共に流れを説明します。
 
①到着後にフロントで予約した際のバウチャーを見せ、チェックイン。
 
②フロントで問診票を記入。普段の生活習慣や気になっている事を記入。
(ちなみに問診票は英語です。)
 
③水着に着替えてジャグジー・サウナ・水プールのあるエリアで暫し楽しむ。
ある程度時間が経つとスタッフさんが迎えに来てくれるので、そこから移動。
ちなみに他のお客さんはおらず、完全独占状態でした。(わざとそのようにしてるのだと思います。)
 
f:id:herosurf:20170219162734j:image
(写真はクレオパトラ・スパHPよりお借りしてます。)
 
 
④マッサージルームに連れてってもらい、紙ショーツに着替えた後バリ式全身マッサージ開始。機械に頼らず、全てセラピストのハンドマッサージです。セラピストの手が温かいのが最高に気持ち良いです。
 
隈なくマッサージした後は、ボディスクラブをやってもらいます。
マッサージとスクラブは1時間強はやってます。脚のむくみとかが解消されるのを感じます。
 
 
⑤これが最後の真骨頂。
    バラの花びらを浮かべたバスタブに浸かります。本当にクレオパトラになったかのような気持ちよさ。海外でお風呂浸かれるのいいですよね。浸かっている間、お茶も用意してもらえます。
f:id:herosurf:20170219162845j:image 
(写真はクレオパトラ・スパHPよりお借りしてます。)
 
 
 
⑥お風呂も終わってバスローブに着替えた後は、ソファールームで休憩ができます。お風呂で結構のぼせているので、休憩できるの有難いです。フレッシュな果物も出してくれました。クッションカバー等のインテリアも凝っています。  
f:id:herosurf:20170219162955j:image
(写真はクレオパトラ・スパHPよりお借りしてます。)
 
 
ざっと書きましたが、こちらで全てです。
スタッフさん、セラピストさん達はもちろん英語で話しかけてきます。
私も英語は得意ではないですが、一人でも大丈夫でした。
 

旅行前に予約をとっておこう

さて、予約方法ですが、
公式HPからでもできますが、英語に自信が無い方はveltraのサイトから日本語で申し込めます。日本円で約25,000円ぐらいでした。お値段以上に内容はお得だと思いました。
 
verltraのサイト
バリニーズ・マッサージ&ミルクバスというコースを今回選びました。
 
クレオパトラ・スパのサイト
 
 
 
早朝到着でホテルにアーリーチェックインして追加代金払うぐらいなら、このスパに申し込んで疲れを取るのが良いかと思います。
 
予約時間は、午前中に遅延が起きた事を想定してお昼頃にしました。余裕を持って行けましたよ。
 
また体験したコースでは、ジャグジーが含まれているので水着を持っていくと良いでしょう。
 
ドバイへ行く方は是非ご参考まで。