読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

herosurf’s diary

サーフィン好きOLが、シンプルライフを極めていきます。

スポンサーリンク
MENU

滞在編③ 【1人旅女子向け】セドナ旅 ホテルシャトルバスでは英語を使うよ〜。

英語

こんにちは!

 
セドナ滞在編③です。前回はホテルについて書きました。
 
このホテルには、近隣の観光地まで行けるシャトルバスがあり、宿泊客なら無料で利用できます。
 
只、シャトルバスというと、発着時間が決まっていて、決まった場所を巡回してくれて、黙ってても目的地に連れてってくれるバスを想像しませんか?
 
f:id:herosurf:20151010171416j:image
 
日本にあるシャトルバスはそんなイメージですが、ここのは違いました。
フロントで行きたい場所を伝えて、そこに直接シャトルバスで連れてってもらうスタイルです。(「オン デ マンド」というスタイルらしいです。)
 
(※他のお客さんが居ない時は、すぐに1人でもシャトルバスで連れてって貰えますが、乗りたいお客さんが多い時間帯の時は、乗車時刻を別途指定される時もあります。)
 
つまりは英語を喋る機会があるという事ですね。でも、大丈夫ですよ。何とかなる!
「シャトルバス、プリーズ」と言って、
ガイドマップで行きたい場所を指差しても伝わると思います。
 
問題は帰りです。 観光が終わってホテルに戻りたくなったら、ホテルに電話してシャトルバスを呼びます!
(行きのシャトルバスで降車時に、「帰りたくなったらここに電話してね」と電話番号が書かれたカードを渡されます。)
 
電話での英語も緊張しますよね。
でも、きっと大丈夫!中学英語でもいいので、
・シャトルバスを呼んでほしい事
・自分の名前とルームナンバー
・今居る場所
を伝えられれば、大丈夫!
「あと15分くらいで迎えに行くわ」みたいな事を言われるので、待ってれば迎えが来ます。
 
 
セドナは街がそこまで大きくないので、頑張って歩けば近場のボルテックスなら行けるかもしれません。
でもアメリカ社会はやっぱり車社会です。歩いてる人はあまりいないです。それにやっぱり疲れるんですね。空気も乾燥してますし、喉も乾きます。
だから、このような交通機関があるなら、利用した方がいいです。
 
特に1人で初めて行く方は緊張するかもしれませんが、1人で行く気概があるのならもう十分大丈夫ですよ。何とかやっていけますから。
超超短期英語留学をしてると思って、楽しんじゃって下さい。
 
ちなみに私のお気に入りとなったエアポート・メサは、ホテルからシャトルバスで行けます。
f:id:herosurf:20151010174248j:image
「エアポート・メサ」と言ってしまうと、観光ポイントとは違う所に行ってしまう可能性があるので、「エアポート・メサ  ミドルポイント(中間地点)」と言うと、「あの観光地ね」と分かって貰えると思います。
 
さぁ、次回は食事編です。
 
今日も読んで頂き、
ありがとうございます。
 
セドナ旅に興味のある方はこちらもどうぞ。