herosurf’s diary

サーフィン好きOLが、シンプルライフを極めていきます。

スポンサーリンク
MENU

女目線のドバイ・アブダビ旅②ドバイでスパ体験

こんにちは。

今回からドバイ・アブダビ旅の思い出を語ります。今日はドバイでのスパ体験です。
 
 

街スパで飛行機疲れを取り除こう

 
今回は、羽田空港を深夜に出発し、早朝にドバイに到着するツアーを利用してます。
 
早朝に着くなら、その後ガンガン遊べるという目論見になりますが、窮屈なエコノミー席に長時間座り続けた後に時差ボケの中動き回るのは意外とキツイ時がありますよね。
 
私も過去の旅で、着いた途端にすぐに
観光ツアーに参加した事がありますが、眠気と疲れで説明が頭に入ってこず、「早くホテルに連れてってくれ」と思ってしまった事あります。
 
今回、そんな早朝到着後に体験したアクティビティがスパなのです。
 

クレオパトラ・スパ

 
f:id:herosurf:20170219162632j:image
 
私が訪れたのは、ホテルに併設されたスパではなく、街中のモール内にある「クレオパトラ・スパ」です。
(ガイドブックに街スパとして紹介されてます。)
 
オーソドックスな2時間コースを今回選びました。施設内は流石に写真は撮れないので、HPからお借りした写真と共に流れを説明します。
 
①到着後にフロントで予約した際のバウチャーを見せ、チェックイン。
 
②フロントで問診票を記入。普段の生活習慣や気になっている事を記入。
(ちなみに問診票は英語です。)
 
③水着に着替えてジャグジー・サウナ・水プールのあるエリアで暫し楽しむ。
ある程度時間が経つとスタッフさんが迎えに来てくれるので、そこから移動。
ちなみに他のお客さんはおらず、完全独占状態でした。(わざとそのようにしてるのだと思います。)
 
f:id:herosurf:20170219162734j:image
(写真はクレオパトラ・スパHPよりお借りしてます。)
 
 
④マッサージルームに連れてってもらい、紙ショーツに着替えた後バリ式全身マッサージ開始。機械に頼らず、全てセラピストのハンドマッサージです。セラピストの手が温かいのが最高に気持ち良いです。
 
隈なくマッサージした後は、ボディスクラブをやってもらいます。
マッサージとスクラブは1時間強はやってます。脚のむくみとかが解消されるのを感じます。
 
 
⑤これが最後の真骨頂。
    バラの花びらを浮かべたバスタブに浸かります。本当にクレオパトラになったかのような気持ちよさ。海外でお風呂浸かれるのいいですよね。浸かっている間、お茶も用意してもらえます。
f:id:herosurf:20170219162845j:image 
(写真はクレオパトラ・スパHPよりお借りしてます。)
 
 
 
⑥お風呂も終わってバスローブに着替えた後は、ソファールームで休憩ができます。お風呂で結構のぼせているので、休憩できるの有難いです。フレッシュな果物も出してくれました。クッションカバー等のインテリアも凝っています。  
f:id:herosurf:20170219162955j:image
(写真はクレオパトラ・スパHPよりお借りしてます。)
 
 
ざっと書きましたが、こちらで全てです。
スタッフさん、セラピストさん達はもちろん英語で話しかけてきます。
私も英語は得意ではないですが、一人でも大丈夫でした。
 

旅行前に予約をとっておこう

さて、予約方法ですが、
公式HPからでもできますが、英語に自信が無い方はveltraのサイトから日本語で申し込めます。日本円で約25,000円ぐらいでした。お値段以上に内容はお得だと思いました。
 
verltraのサイト
バリニーズ・マッサージ&ミルクバスというコースを今回選びました。
 
クレオパトラ・スパのサイト
 
 
 
早朝到着でホテルにアーリーチェックインして追加代金払うぐらいなら、このスパに申し込んで疲れを取るのが良いかと思います。
 
予約時間は、午前中に遅延が起きた事を想定してお昼頃にしました。余裕を持って行けましたよ。
 
また体験したコースでは、ジャグジーが含まれているので水着を持っていくと良いでしょう。
 
ドバイへ行く方は是非ご参考まで。