herosurf’s diary

サーフィン好きOLが、シンプルライフを極めていきます。

スポンサーリンク
MENU

ネットスーパーの進化を感じる! amazon fresh

こんにちは。

 
今週末に初めて amazon freshを利用してみました。地区限定になりますが、 amazonが生鮮食品を配達するようになったんですね。所謂ネットスーパーですね。
 
あの勝間和代さんが、 amazon  freshで購入した食材をシャープのホットクックで調理している、と聞いて俄然 amazon  freshに興味を持ちました。
 
ちょうど配達対象地域に住んでいたのでトライしました。今まではイオンのネットスーパーを使っていたので、どこがどう進化していたか感想を語ります(^_^)
(ちなみにイオンさんも対応、使い勝手は良かったです。)

 

 

最初にまず時間帯を指定できる

 
感動ポイントはまず買う前に配送時間枠を指定できるところです。
 
f:id:herosurf:20180218213130p:image
 
 
イオンだとまず買う物を全部(ネット上の)カートに入れてから、配送時間を指定します。
土日に配送してもらおうとなると、金曜日から早いうちに注文入れないと人気の時間はあっという間に定員オーバーになります。
もう急がないと修羅場、修羅場です。
 
マズイ!そろそろ定員オーバーになる!急いで注文だ!と頑張ってカートに入れたのに希望の時間はもう締め切りとか何度もありました。
 
 amazonの方は最初に時間をまず指定できるので、その後安心して買い物に集中できます。
(時間指定してその後60分間は時間枠をキープできます。)
 
しかも、指定時間枠がイオンよりあって便利!イオンだと午前中は「10時〜12時」のみなのですが、 amazonは「8時〜10時」枠もあるのです。土日は、10時頃から出かけちゃう事もあるから、これは嬉しい!
夜も24時まで枠があるので、帰りが遅い人にも選択肢が増えますね。
 
 

注文漏れがあっても追加できる!

さぁ、買う物も全部カートに入れて注文、決済完了!とボタンを押した後に「あー!ヤクルト入れるの忘れた!」とかありませんか?
 
  amazonだと追加で注文できます。
(あまり時間が経ち過ぎると別便扱いになるようです。) 
もう一度 amazon  freshのサイトで注文したい品をカートに入れて注文すると、このように「追加しました」との文字が♡
これも嬉しいですね。
 
f:id:herosurf:20180218214419j:image
 

受け取り時にハンコ(サイン)不要

 
ピンポーンとチャイムなったらハンコ持って玄関向かいますよね。 amazonはサインもハンコも不要なんです。地味に感動!荷物受け取り時の行動すら変えていくんですね、 amazonは。
 
f:id:herosurf:20180218221230j:image
 
荷物はこんな風に紙袋に入れられて届きます。
段ボールでもなくビニール袋でもなくこのような形で届くのが一番ラクかも。
また届く直前には、「もうすぐ届きます」のお知らせメールのようなものが届きました。
 
あと肝心の食料品自体の価格は、スーパーで買うのと大差ありません(牛肉は高級品が多かったかな?)
 amazon  freshは月額500円かかりますが、1か月間はお試しで無料で利用できます。
又、現在お試しクーポンといって幾らか割引になるクーポンコードも展開されてるので、興味のある方は一度利用されてみてはいかがでしょうか?